HOME レシピを探す > 松きのことカラスミのスパゲッティーニ

みんなのパスタレシピ

松きのことカラスミのスパゲッティーニ

人気度

秋の旬のキノコを、簡単レシピでお店の味に。。

by chaba

  • お気に入りリストに登録する
  • お気に入りリストを見る
  • 印刷用ページを表示する

材料(2人分)

松きのこ 5〜6本
カラスミ 小さじ2〜3
ニンニク 1片
無塩発酵バター 10g
唐辛子 1本
イタリアンパセリ 少々

作り方

  • 1.パスタを茹で始める(この料理では、茹で湯の塩分濃度は1%強。1リットル当たり12g程度。相性を考えて、細めのスパゲッティーニを)。松きのこは、笠の部分は包丁で4mm幅程度にスライスし、軸の部分は手で裂く
  • 2.フライパンにEXVオリーブオイルを入れ(10cc程度)、ニンニクのみじん切り、種を取った唐辛子を加えて弱火にかける。唐辛子は途中で取り出す(お好みの辛さで)
  • 3.パスタの茹で湯を加えて乳化させ、松きのこを加えてさっと和える(松きのこは香りと食感が命なので、あまり火を通さない)
  • 4.イタリアンパセリのみじん切りを少量加える
  • 5.茹であがったパスタを入れ、カラスミ(パウダー状)、バターを加えてしっかり和える(塩加減は加えるカラスミの量で決める)
  • 6.器に盛り、カラスミ、イタリアンパセリ(各、分量外)を散らす
  • 7.香り付けとして、白胡椒を軽く挽き、EXVオリーブオイルを回しかける

メモ

椎茸と松茸の掛け合わせ。香りと食感の良い「松きのこ」を使った、秋めいたパスタです。
松きのこでなくても、舞茸など、いろんなキノコで楽しめると思います。食感と香りを楽しむため、キノコはなるべく包丁で捌かず、手で裂くと良いと思います。
無塩発酵バターは加えなくても良いですが、今回は合わせたワインとの相性を考えて、この分量を加えています。メリハリのあるイタリアの白ワインだとバターを加えずに、カラスミをガツンと効かせるか、アンチョビフィレを最初に1,2枚加える方が良いかと思います。

パスタの可能性は無限大。。。
ワインに合わせて臨機応変に対応できる身軽さも、他の料理にはない魅力です。

このレシピを評価する

あなたにおすすめのパスタ お探しにぴったりのレシピをおすすめします。

まぐろとトマトの冷たいパスタ
夏にお薦めのサッパリ風味と冷たい喉ごし

ブイヤベース風パスタ
プロヴァンスの魚介料理をアレンジしてスープパスタに仕上げました。

サンマとキノコのジャガイモソーススパゲティ
旬の食材(秋)をたっぷりと使ったスパゲティにしました。

by nob

柿と生ハムのペペロンチーノ
柿の甘さと生ハムの塩加減が互いを引き立てます。

by りえ

QRコードでこのレシピにアクセスする

携帯電話のカメラで左のQRコードを読み取り、簡単にレシピページにアクセスすることができます。
※QRコード対応の携帯電話のみ使用することができます。